Interview

「仕組み」を変える仕事に就く

事業本部 国内事業部門2020年入社|新卒採用

学生時代に金融包摂を勉強していたことや、東南アジアを旅行したことをきっかけに、頑張りたい人が頑張れる仕組みを創りたいと思い、入社。新しく始まった物流事業において、戦略の発案やオペレーションの改善を行っている。

学生時代の印象に残っている経験について教えてください。

学生時代は、金融包摂について勉強していました。特に私が勉強していたのは、農業分野の金融包摂です。金融にアクセスのできなかった農村地域の人々に対して、信用評価を行うなど、アクセスできる仕組みを創っている企業があることなどを知りました。

また、旅行で訪れた東南アジアでの経験も印象的です。フィリピンを訪れた際に、子どものために投資したくてもできない人々がいる、やりたいことがあるにも関わらず不可抗力でできない人々がいるという現実を知りました。

そういった経験から、彼らをどうやったら幸せにできるのだろうかと考え、仕組みを変えたいと思うようになりました。そして、GMSなら現地に近いところで、お客さまと接点のある場所で仕事ができると思い、入社を決めました。

お客さまとの対話を通して互いの喜びを生む

普段は、どのような仕事をしていますか?

主には、GMSが新しく始めた物流の事業に関わっています。配達の仕事を始めたいけどまだ軽バンを持っていない方向けに、ランディングページや広告を使った集客と、申し込んでいただいた後のオペレーションを整える仕事です。お客さまとの対話を通して課題を見つけ、それを改善していきます。

お客さまの声を聞くにも、まずはお客さまの目線に立ち相手の立場で考えること、そしてお客さまがどんな意見をお持ちなのかだけでなく、なぜそう考えるのかを聞くようにしています。

こちらで改善できることがあれば上司に相談し、実際に私の提案に沿って、社内だけでなく社外の関係者とも改善のアイディアを実施できるスピード感と柔軟性がGMSにはあります。

そうやって実行した仕事の後に、実際にお客さまから喜びの声や生活の変化を聞くことができたときにやりがいを感じます。まさにGMSが実現したい仕事を通して人の生活を豊かにすることを実感できる仕事だと思います。

様々な価値観を感じながら働く

今後、挑戦してみたいことはなんですか?

海外でも事業開発を行ってみたいです。日本よりもさらに広い地域の人の声を聞いて、自分の目で見て彼らの生活がどのように変化しているのか確かめながら仕事ができればと考えています。

また、入社前に行ったフィリピンのインターンを通して、現地でのコミュニケーションの難しさに気づきました。相手を知ることをより強く意識しなければいけません。

現地では日本人が現地スタッフと一緒になって新規事業を開発したり、オペレーションを改善したりしています。今は、国内事業部門で働いていますが、社会やお客さまのニーズを捉えることや、それをビジネスモデルに反映していくスキルを、海外でさらに磨いていきたいと思っています。

Entry

募集要項はこちら