Interview

新しいことに幅広く挑戦できる環境

国内事業部門 オペレーションチーム2017年|中途採用

慶応義塾大学大学院では、金融データの分析について学ぶ。GMSのFinTechサービスに加え、グローバル性と新しいことに挑戦できる環境に魅力を感じGMSに入社。技術本部を経て、現在は国内事業部門のオペレーションチームで、顧客の対応とMCCSの輸出入の管理を担当している。

GMSに入社した理由と現在の仕事を教えてください。

グローバルで展開している事業に関心を持ち、話を聞きに行ったところ、新しいことに幅広くチャレンジできる環境だと感じ、入社を決めました。前職では、金融系のシステムエンジニアをしていましたが、新規事業の立ち上げやシステムの運用など、新しいことに挑戦したかったことが理由です。

今は、国内事業部門でオペレーションと輸出入の管理を担当しています。オペレーションチームの仕事は、営業が案件を決めた後に、申し込みの受付から端末の取り付け、エンジンの遠隔制御を行うことです。エンジニアと技術について相談することもあれば、金融機関や車両販売店とお客さまの情報についてやり取りをすることもあります。

また、輸出入の管理は、各国の現地法人と連携しながら行っています。月々の販売台数に応じて、MCCSの在庫を管理しています。日本にいながらも海外のメンバーと仕事に取り組めるのは魅力だと思います。

お客さまに対して漏れがないよう、チームで仕事を回す

仕事をするときに心がけていることは何ですか?

チームで仕事が上手くまわるように心がけています。都度、チームで業務内容や期限を共有したり、タスクを分け合って量を調整するなど、こまめに確認するようにしています。そうすることで、お客さまに対して確実性のあるサービスを提供できると思っています。

また、同じチーム内だけでなく、同じ部門の営業チームとも積極的なコミュニケーションを心がけています。そして、サービスを自分が一番使いこなしてさらに充実させるためにも、技術本部とも連携し、課題点や改良の方針を検討しています。

GMSは、パートナー企業やエンドユーザーの皆様で成り立っています。関わる人すべてをチームと捉え、社内だけでなく、社外の人ともコミュニケーションを取り、実際に相手の声を聞きながら仕事ができるのも、GMSの一つのよさではないかと思います。

様々な壁を乗り越え、サービスを作り上げる

これまで、どんなチャレンジがありましたか?これから挑戦したいことは何ですか?

世の中的にも新しいビジネスモデルのため、想像以上の困難があります。技術検証を行うときは手探りの状態で、途中で結果を確認しながら、方向性を決めていきました。あらゆる状態で、考えられること・想定できることをすべて実施したのが印象的です。

検証を経てやっと事業を始められる段階になっても、今度は法律的な問題が生じるなど、一つのサービスを提供するまでに様々な課題がありますが、すでに出来上がっているものを横展開するだけでないことは、仕事のおもしろさだと感じています。

これまで、案件が決まってからプロジェクトに携わることが多かったので、今後は企画段階から関わってみたいと思っています。そうすることで、GMSのビジネスの最初から最後まで携わることができ、オペレーションを見据えた上で事業開発ができるようになりたいですね。

Entry

募集要項はこちら