Interview

「幸せ」を共有できる場で働く

コミュニケーション本部 人事・IWグループ2019年度|中途採用

「多くの人を幸せにする」という理念と自分の目標が重なり、GMSのステークホルダーも社員も働きやすい環境づくりをしたいという思いから入社。現在は、採用や研修から労務まで、幅広く人事を担当している。

なぜGMSに入社したのですか?

「多くの人を幸せにする」という理念と自分の人生の軸が重なったから、そしてドライバーを始めとするGMSのステークホルダーだけでなく、人事という仕事を通して社員ともに、働きやすい環境をつくることに挑戦できる場があったからという2つが理由です。

私には、自分だけでなく人にも、ほっこりできるような幸せを提供したいという人生の軸があるのですが、GMSを知ったときにその理念に共感しました。

ビジネスを通してドライバーなどの暮らしをより良くすることに加えて、一緒に働く人たちと心地のいい場所や環境を作っていくことで、居心地の良い組織づくりができると考えています。前職でのスキルを生かしながらも、さらに幅を広げ挑戦できる場があることがGMSの良いところの一つだと思います。

拾い上げた社員の声でルールを作る

実際に働いてみた印象はどうでしょうか?

スタートアップの良い点の一つは、現場の意見を拾い上げながら、そして上司や役員と相談しながら、自分たちで制度を作り上げられることだと思います。例えば、就業規則ひとつとっても、いつ休暇が取れたらより働きやすくなるかを社員に聞き、有給取得前でも休みの取れる「特別休暇」という新しい制度を作りました。周りを巻き込みながら新しい制度やルールを作り、そしてそのフィードバックとして、社員の働きやすさやモチベーションの向上を実感することができたと思います。

そうやって制度に社員の声を反映するために、日頃はちょっとした社員の変化や気づきを直接本人に伝えるようにしてコミュニケーションを取ることを意識しています。それによって、困ったときに声をかけてもらえるようになったり、嬉しいことがあったときも共有してもらえるようになったりしますね。

よりよい会社作りとそのための人事を行っていくために、セミナーに参加してみたり、内定者向けのイベントを企画してみるなど、日々学びと実践を繰り返しながら仕事をしています。

採用を通して、仲間を迎え入れる

これまで、どんなチャレンジがありましたか?

人事の仕事の中でも、採用の見極めは難しいなと感じることがありますが、そんな時こそ、他社の人事の方の話や尊敬する人の話を聞いたり、本を読んだりして、何のために採用するのかという目的を考えるようにしています。そうすることで、チャレンジも乗り越えられると思うからです。

持続可能な社会を創るために、社会課題を解決するために、私たちGMSやその他のスタートアップ企業があるのならば、そういった社会を作れる人材を増やし、育成していくことが人事担当者としての目標です。

なので、私はこれからも、採用をゴールとするのではなく、採用した人材があるべき社会を創っていくための「仲間になること」をゴールだと思って、仕事をしていきたいと思っています。

Entry

募集要項はこちら