Interview

最先端技術で社会に変革を

技術本部 デバイスチーム2018年入社|中途採用

東京工業大学卒業後、大手自動車メーカーに勤めた後、最先端技術で世界中の人々を幸せにしたいという思いからGMSに入社。エンジニアとしての専門性と経営視点を生かし、GMSの根幹技術(MCCS)の開発に携わっている。

GMSに入社した経緯を教えてください。

私は大学卒業後、大手の自動車メーカーに入社しました。そこで調達部門において開発のプロジェクト管理を担当していたのですが、調達担当として様々な製品に接する中で、最先端の技術を活用したサービスに関わりたいという思いが強くなりました。デジタル化が進む世の中で、より重要性も必要性も高まると思ったからです。

そんな中で出会ったのがGMSなんです。IoT技術を活用しながらも技術主導ではなく、社会の課題を解決するためにサービス開発をしている点に惹かれました。

これまで金融サービスにアクセスできなかった人たちが、金融サービスを利用することができるようにするGMSFinTechサービスは社会に変革をもたらすものだとワクワクしました。

子会社の立ち上げで高まった視座

思い出に残っている仕事について教えてください。

普段は、遠隔で車両のエンジンを起動制御させるMCCSというIoTデバイスを開発しています。これを車両に取り付けると、離れたところからでもエンジンをかからなくしたり、エンジンをかかるようにしたり制御できるようになります。

私はエンジニアとして入社しましたが、GMSでは職種の枠を超えて大きなチャンスに巡り会えました。それは韓国の子会社設立の主担当です。韓国法人設立時には、エンジニアはいましたが、管理系の人材がいませんでした。私は韓国にわたり、総務・人事・財務といった役割を一手に引き受けることになりました。もちろん、それまでに担当したことのない領域だったので、必死に勉強しながら、アウトプットしていくという生活で、当然大変でした(笑)

しかし、単なるエンジニアだった自分からすると、間違いなく視野が広がった経験でしたね。あるプロジェクトを考えるにあたり、会社としてのインパクトがあるかどうか俯瞰的な視点で考えられるようになりました。視座が高くなったことで、社会に変革を起こしたいという入社時の思いがより明確にイメージできるようになりました。

自分の技術が世界中で役に立つ

GMSの仕事の魅力はなんですか?

GMSの技術は自社で開発していることもあり、自分たちが主導で開発を進めることができます。だからと言って一人で仕事に取り組む訳ではなく、他の部署と綿密なコミュニケーションをとりながら仕事を進めていきます。また、社会課題を解決するためには他社との連携も必要ですので、様々な人を巻き込まなくてはなりません。

だから仕事をする上で、私は思いやりを大事にしています。まず、相手が求めることが何かをいったん聞いて、それを否定せずに相手を尊重して意見として取り入れてから、自分の意見と合わせて、より良いアイデアへと昇華させていく。大変ですが、その過程が楽しかったりもします。

大変なのに楽しいのには理由があって、それは、自分が開発に携わった技術がフィリピンやカンボジア、インドネシアの人々を幸せにしていることを実感できるからです。それがGMSの仕事の魅力ですね。近い将来、世界中で私たちのビジネスモデルが当たり前になる日が来ることを楽しみにしています。

Entry

募集要項はこちら