Interview

今の時代にこそ必要な、ビジネスと社会貢献の両立

出向|(株)デンソー2020年入社

社会貢献とモビリティサービスというビジネスを両立している点に魅力を感じ、出向としてGMSで働くことを選択。1年間技術本部ITチームに所属し、データの整備とデータを活用するための環境づくりを行う。

GMSで働くことになった経緯を教えてください。

人材育成の観点で、製造業からサービスを行うノウハウを持つベンチャーに出向する動きが出始めています。そんな中で、社会貢献とビジネスを両立しているGMSに出会い、興味を持ちました。

もともとモビリティ関連のサービスに興味があり出向元の会社を選びましたが、社会貢献との両立をビジネスとして取り組んでいく必要性も同時に感じていました。モノづくりの意義を社会に見出すという視点です。

GMSは、社会の人々が本当に必要としているものをベースにビジネスモデルを構築し、それをグローバルで展開しています。現地を実際に自分の目で見て、彼らの意見を取り入れながら課題の解決ができると思い、働くことを希望しました。

人とつながり、データを活用することで、現地の課題を解決する

今は、どのように働いていますか?

技術本部のITチームに所属し、GMSがこれまで集めすでに活用されているデータの整備と分析基盤の構築を行っています。例えば、これまでのデータから支払いが滞りそうな人にはどんな傾向があるのかを導き出して、事前にフォローアップができる仕組みを作り、それぞれのドライバーの方が抱える課題の解決に繋げています。

出向という立場ですが、GMSの社員の方々は話しやすく、業務だけでなく、ランチや雑談を通しても、コミュニケーション取ることができ、お互いを高め合えることは素晴らしいと思います。また、会社という枠も、部署という枠も超えたつながりを作ることで、よりよい仕事の成果を出していきたいと思っています。

社会課題を解決するためのデータ活用を考える

GMSで得た経験から、今後の仕事で生かせると思うものはありますか?

エンジニアとして、新たな価値観や社会課題をベースに仕事を考える点は、これからも生かしていきたいと思っています。GMSでの仕事を通して、モノを作ることだけではなく、誰に何のために提供するのか考えたり、リスクを考えながらもスモールスタートで新しいことにチャレンジすることの大切さに、改めて気付くことができました。

同じ会社にいると日々の仕事が似通ってしまい、考えが凝り固まったり、思考の幅が広がらなかったりすることもあるかと思います。そんな時こそ、他の会社で働いてみて外の世界を見ることが、新しい変化や気づきを得るきっかけになるのではないでしょうか。

GMSの場合は、「貧困をなくそう」というテーマがありますが、他にもデータを使って解決できる社会課題は何だろうと考えながら、出向期間が終わった後も仕事をしていきたいと思っています。

Entry

募集要項はこちら